個人で気軽に誰でも動画のアップロードができる

 

YouTubeをはじめ自分で動画など映像を録画してネットにアップロードしている人たちが増えてきました。
その理由にはスマートフォンで簡単に高画質の動画を撮る事が出来るようになった事と、その動画を加工するのも簡単になった事が理由です。
映像をネットにアップするのはリスクしかないように感じますが、お小遣い稼ぎが出来ると言う理由もあります。

 

ユーチューバ―と言う言葉も聞いたことがあるでしょうが、ユーチューブに映像をアップロードして第3者に視聴されるとお金がもらえます。
1再生で0.01円くらい人によって金額は違いますが100再生されて1円くらい儲かると言うシステムです。
昔はもっと単価が良かったのですが最近YouTubeで儲かると話題になってきてユーザーが増えたので単価が下がってきました。

 

しかし映像を見る方はご存じの通り無料で好きなだけYouTubeは動画がみれます。
基本的に無料動画サービスは頻繁に流れる広告やCMなどスポンサーからの収入で成り立っています。
また有料会員と言うのもあって入会すると広告が消えて画質もアップして、快適に動画を楽しめるようになります。

 

ニコニコ動画やFC2動画に関しては、ほぼ無料会員には使えないような感じです。
動画が重すぎて中々再生されず、やっと再生されても読み込み時間がかかって途中何度もストップしてしまいますし、夜の利用ユーザーが多くなる時間帯には視聴できる動画も制限されたりもします。
有料会員でなければ快適に視聴出来ないサービスが多いなか、ユーチューブはまだ現在の所無料ユーザーにも優しいイメージはあります。

 

個人で映像をアップロードしている人たちで人気なカテゴリーと言えば、間違いなくペットブームでもある猫や犬の動画でしょう。
飼っているペットの動画なので自分は写らなくていいですし、しゃべらなくてもいいので個人情報へのリスクもありませんし、ペットの可愛い映像やハプニング映像など人気のあるコンテンツで再生数も期待できます。
テレビでもYouTubeの人気動画をチョイスして放送している番組もあり、世界のハプニング映像が人気があり、またペットの特技たアクシデント映像も視聴率が取れる人気コンテンツです。

 

 

ただペットの動画を撮影する場合は、自然な撮影を心がけて下さいね。
飼い主が無理やりペットに演技をさせたり被り物をかぶせたりする動画は批判もあびますので、あくまでも自然体の犬ちゃんネコちゃんの動画を撮影するようにして下さい。

 

また、アダルトなエッチな動画を撮影するのは自由ですが、アップロードして誰でも見れるような環境に動画を置いてしまうと様々な危険も伴うので注意して下さい。
一回拡散されると元を削除しても収拾がつかなくなるのでエロ動画のアップロードには注意して下さい。